この歳で飾り巻き寿司教室の免許を取って頑張ってます。
TV
2008年10月24日 (金) | 編集 |
昨日テレビで放送された千葉のワンコ達の話ですが
紙袋に入れて持ち込まれた子 皆涙しながら見たに違い有りません
あのワンコはもうこの世には居ないのだろうと思った人は少なくないと思います
しかし⇒ペット里親会通信
このブログを見てまた涙しました
人間が一番残酷です
でも助けられるのも人間ではないでしょうか 私には何かできるかわかりませんが
一匹でも幸せになれるように祈ってますwan12 002
パナを看取り
wan14 008
私は最後までお仙を見守ることが今自分に出来ることだとおもいます
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
昨日の放送、私も見ました。
簡単に命を捨ててしまう人間と同じ人間であるかと思うと
、憤りと悲しさとが入り混じります。
人間も犬も猫もすべて命は同じだということ
どうしてわからないんですかね。
ただただ悲しいです。
2008/10/24(Fri) 18:56 | URL  | すももっち #ZMUMkWGc[ 編集]
すももっちさんv-34
私は見なかったんですよ 見ると2 3日夜 魘されるんです
少しのワンコが助けられても全部は無理
飼い主さんの考えが変わらないらない限りはね  悲しいですね 
2008/10/24(Fri) 20:28 | URL  | パナ #-[ 編集]
世の中に捨てられるワンちゃんが多いでね。
飼ってからの教育より、飼う前の教育をペットショップやブリーダーさんで、徹底してやって欲しいと思います。
捨て犬は、犬に問題ありと思っている人が多いです。本当は人間の身勝手によるものなのにね。私がハル助をGCT(優良家庭犬認定)に合格させたかった理由の一つに、捨て犬=問題犬ではないことをみなさんに知ってもらいたかったからです。そして動物病院の駐車場で月1回無料相談会を開いているのも、犬の飼い方、しつけ方を知らない飼い主さんの為に、そして不幸なワンちゃんがこれ以上増えないようにみんなで頑張っています。
私たちや犬・猫のレスキューをしているボランティアさんの努力が報われる世の中になって欲しいです。
2008/10/27(Mon) 19:13 | URL  | moty #-[ 編集]
motyさんv-34
悲しい現実ですね
犬の躾より 人間の躾ですね
パナが躾教室に通っていたときワンコが馬鹿なのではなく 人間が馬鹿なんですよと言われたことがあります そうだなとつくづく思います
小さいうちから飼いたいという人がいるけど私は歳がわからない子でも一緒に生活できると思います お仙を見てるとそう思えます
ボランティアさん達の努力が報われる世の中に本当になってほしいですね
2008/10/27(Mon) 20:31 | URL  | パナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック